村井弦斎まつり

 
  

弦斎書店

弦斎に関する本を展示・販売します。
弦斎の著作物の一部です。弦斎や食道楽についてお喋りしましょう。


 

新書(現在でも購入可能)

「台所重宝記」中公文庫

   2017年8月発刊 799円

平成の今でも新しくて面白い、明治時代から読み継がれている「台所重宝記」が中公文庫から発刊されました。村井米子版に忠実に編集されています。一年三六五日分の料理暦も付いています。

『台所重宝記』は『食道楽』のブームを受けて、弦斎が新たに書き下ろしたレシピと台所の知恵ブックです。
女中さんと奥様の会話形式で進みます。
「玉子の保存方法」「お肉の料理方法」など、テーマに分かれ、女中さんの素朴な疑問を、奥様がズバズバ明かしてくれます。
初版は、明治38年に報知新聞社から、後に、村井米子が解説を入れて、新人物往来社から復刊されました。


「明治・大正の未来予測 百年前の二十世紀」

   横田順彌著 筑摩プリマーブックス 1100円

SF作家の横田順彌さんが、明治・大正時代の人たちが百年後をどんなふうに予測していたかを、紹介しています。
中でも、報知新聞で、20世紀を迎えた明治34年1月2日と3日に掲載された「20世紀の予言」を大きく紹介しています。
横田さんは、あまりにもするどい23項目の予言を書いたのは弦斎だったと推測しています。
SF作家としての弦斎像、また明治時代の未来感を知る面白くてためになる本です。


弦斎読み物を配布します

「教えて!げんさい先生! それいけ!ちんげんさい!」

弦斎を分かりやすく?面白く?読み物にしました。食道楽から美味しいレシピも紹介しています。
新たに第4号も登場。弦斎の子ども時代が描かれます。第1号から第3号までを配布します。ぜひ、ゲットしてください。それいけ!


 

古書

増補註釈『食道楽』

柴田書店   昭和51年刊

オリジナル『食道楽』をそのままコピー、印刷しています。
弦斎の筆づかいもそのまま、巻末の食品分析表や食品もそのまま再現されています。
明治時代「食道楽」が 実用書でもあったことをうかがわせると同時に、弦斎の心意気を感じさせます。
奥付、書籍の広告なども発刊当時のままなので、明治時代の雰囲気をじっくりと堪能できます。


『食道楽』村井米子編訳

新人物往来社   昭和51年6月31日刊

現代語に書き直され、全4巻が1冊にまとまっています。
コンパクトで、読みやすいです。
村井米子の注釈が何かと入っていて、食道楽裏話も楽しめます。


『釣道楽』上・下 村井米子編訳

釣道楽 新人物往来社   昭和52年発刊

『釣道楽』は、明治34年に弦斎の一大構想、百道楽の第一弾として書かれました。名家の娘浪子と、婿養子候補の鱗次郎の結婚話に、釣りが絡みます。
釣り好きで、凝り性の弦斎らしく、釣りのうんちくが細かく書き込まれています。「当時の青年子女が、飲酒や恋愛に身をあやまるのを憂え、釣魚のような、青空のもとの野外での勇壮な遊びの趣味を身につけさせ、堕落から救われるように……」(上・村井米子後書き)と願いを込めたそうです。