村井弦斎まつり

村井弦斎
食道楽クイズ

弦斎クイズ問題

問題1

「食道楽」のヒロインは長崎出身で料理上手なお登和です。主人公の大原満が、初めて食べたお登和の料理は何だったでしょう。

1.琉球塩豚のさつま汁  2.ちゃんぽん  3.チーズバーガー

問題1 正解は1の琉球塩豚のさつま汁です。
 食道楽は主人公の大原と友人中川の妹、お登和の恋を軸に進んでいきますが、二人の出会いは正月、物語の最初の頃です。
 大原が中川の家を訪れると、中川はお登和が作った長崎名物の豚料理を食べさせようと待っていました。大原が座るなり、豚料理の話が始まります。この中川、食の知識が深く、語り出すと止まりません。豚肉の良さは脂身で決まる、豚肉は茹でてから使わないといけない、豚の品種がどうのこうと話が続きます。お登和が「兄さん、お汁が冷めてしまいます」と声をかけ、大原が一口飲んだのが、琉球塩豚のさつま汁、というわけです。
 琉球とは沖縄のこと、古くから養豚が盛んで、豚肉を塩漬けにした保存食は弦斎もお気に入りでした。
 さて、お登和のさつま汁を一口飲むなり、あまりの美味しさに、食欲が一気に出てきた大原、豚料理を楽しみます。
 どんな豚料理でしょう? 簡単に作れるものばかりなので、ぜひ、食道楽を読んでくださいね。

問題2

弦斎は説経節の脚本を書いています。当時、説教節・初代若松若太夫の後援会長をし、柔道の父と言われる人とは誰でしょう。

1.嘉納治五郎 2.ウラジミール・プーチン 3.山下泰裕

問題2 正解は1の嘉納治五郎です。
 嘉納治五郎(かのうじごろう 1896〜1938)は、兵庫県の造酒屋で生まれ、東京大学で学びました。強くなりたいと、いろいろな柔術を学び、人を殺すためでは無い、スポーツとしての柔道を生み出しました。
 東京高等師範学校(現在の筑波大学)の校長になると、多くの部活を作り、学生を所属させました。当時、楽しむだけのスポーツは害悪、軍人を育てるべき、という声もある中で、陸上、サッカー、テニス、ラグビーなど、現在につながるスポーツ、部活動はここから始まり、数多くの選手、教育者が育ちました。
 また、アジアで初めてのオリンピック委員になり、1912年(明治45年)にストックホルムで開催されたオリンピックにマラソンの金栗四三を送り込んでいます。
 文化にも深い理解があり、説経節の後援もその一つです。
 平安時代に、仏の教えを分かりやすく伝えるために生まれた説経節は、古典の一節を歌うように語るように、音程やリズムの抑揚(よくよう)と、三味線の効果音と共に伝えます。江戸時代に浄瑠璃や歌舞伎人気におされ、消えかかっていたのを初代若松若太夫が復活させようとしていました。
 嘉納治五郎は若松若太夫を家に住まわせて、後援会の会長になりました。村井弦斎も説経節に興味を持ち、家に呼んで時には厳しく稽古し、脚本を書きました。
 弦斎は教育としての子ども、特に女子の運動に熱心でした。スポーツの大切さについて嘉納治五郎とも大いに話が盛り上がったことでしょう。

問題3

「弦斎は静岡県に温泉と美味しい豆腐ができる良質の水で有名なあるところに別荘を持っていました。そこは、どこでしょう。

1.伊豆長岡  2.浜名湖  3.沼津港

問題3 正解は1の伊豆長岡です。
 伊豆長岡は伊豆半島の付け根、沼津よりの駿河湾側にあります。北条家の領土であり1000年以上の歴史を持つ古奈温泉と明治時代に採掘された長岡温泉と合わせて温泉地になりました。
別荘は1914年(大正3年)に着工し、翌年の夏に完成、富士山がよく見える風景を気にいり「対岳荘」と名づけました。
 数年前から文字の書きすぎで手が痛くなる書痙に悩まされていた弦斎は、修善寺温泉に滞在してはマッサージの名人に治療してもらっていました。伊豆長岡には多嘉子の親戚も住んでいて、また、三菱財閥の岩崎久彌、犬養毅の別荘もあり、弦斎も別荘を建てることにした、というわけです。
 以降、弦斎は別荘にいる時間が長くなり、断食を始めるなど、体の研究を進めました。また、多嘉子と子どもたちは進学のために東京に移り住み、村井家は伊豆長岡、平塚、東京と3軒の家に分かれる生活になりました。
 井戸からは良質の水が湧いていて、書生の一人が豆腐屋の息子だったので、豆腐を作りました。多嘉子も別荘に来ては豆腐作りを教わり、固めない、ふわふわの淡雪豆腐が美味しかったと米子が語っています。
 夏休みには子どもたちも伊豆で過ごし、4キロ先の海に出て夏は魚を釣ったり、泳いで遊んだそうです。

上へ戻る

抽選から賞品授与まで

その場で答えて、その場で当たります

1.クイズに回答します。会場内にヒントもありますので、ご参考に!!
2.受付へ、その場で答え合わせします。
3.【正解の場合】その場でクイズ賞品の抽選くじをひきます。
4.【不正解の場合】くじは無しです。お楽しみ抽選会にチャレンジ!!
ホームページでの正解発表は、おまつり当日の夜以降になります。

賞品授与

抽選で賞品が当たったら、その場でお渡しします。

個人情報の取り扱いについて

弦斎食道楽クイズの実施にあたり、応募いただいた個人情報については、厳正に取り扱います。

上へ戻る